bikouran

車検をしたら新しい車検証を見てみよう!

備考欄を見れば、車検をお願いしたクルマ屋さんが認証を受けているか、ちゃんと法定定期点検をしたか、などが まるわかりです!

 

車検は点検といっしょに

点検整備の確実な実施は、自動車の安全確保・環境保全を図る上で、検査制度と並んで最も重要かつ基本的なものであり、道路運送車両法において、定期点検整備の実施が自動車ユーザーに義務付けられています。

平成7年に車検制度が改正され、自動車のユーザーが車両の保守管理責任をとることを前提に、車検を先に受け、後で点検整備する「前検査・後整備」ができるようになり、ユーザーが自ら車検を受けたり、ユーザー代行業者による検査受検のみの車検が増えました。

これにより車検の価格破壊が進むと同時に、法で実施が定められている定期点検整備を実施しない(前検査で合格した後、点検整備を実施しないまま次の車検まで使用し続ける)ユーザーが増えてしまいました。 ユーザーは価格の安さだけで車検を受ける業者を選びがちですが、実のところ車両の保守管理がなされず、突然の故障や事故を招く原因にもなります。

shabiko

確実な定期点検整備の実施を推進するため、平成26年2月17日(軽自動車は平成27年1月)より、継続検査時に受検形態や点検整備の実施状況などを車検証の備考欄に記載するとともに、点検などの勧告をしやすくするよう勧告要件も見直し、点検整備の指導を一層厳格化されることになりました。

今後は、車検証備考欄には受検種別を「指定整備車」か「持込検査車」で区分したうえで、受検形態として「指定整備工場」「認証工場」「使用者」「その他」(使用者以外の者により受検が代行された場合)の4区分で記載。さらに、検査時の点検整備実施状況として点検整備記録簿の記載が「あり」「なし」が記入されます。

 

検査を受けた工場の種別や定期点検の実施・未実施がわかります

例えば、認証整備工場が定期点検整備を実施して継続検査を受検した場合(前整備・後検査)には、

 

[受検種別]         持込検査車

[検査時の点検整備実施状況] 点検整備記録簿記載あり

[受検形態]          認証整備工場

 

と記載されます。 また、ユーザー車検代行業者が定期点検整備を実施せず、継続検査を受検した場合(前検査・後整備)には、

 

[受検種別]         持込検査車

[検査時の点検整備実施状況] 点検整備記録簿記載なし

[受検形態]           その他

 

と記載されます。 (平成26年2月17日(軽自動車は平成27年1月)以降に車検(継続検査)を受けた車の車検証に記載されています。 )

各項目の意味は以下の通りです。

 

[受験種別] 

持込検査車・・・運輸支局などの検査コースに車を持ち込んで、自動車検査独立行政法人の検査員が検査をおこなった車両

指定整備車・・・民間車検場(指定整備工場)で検査員資格を持った自動車整備士が検査を行った車両

 

[受検形態]

認証整備工場・・・国から認証を受けた、 設備や整備人員など一定の基準を満たした整備工場によって運輸支局などの検査コースに持ち込まれた。

指定整備工場・・・民間車検場(指定整備工場)で検査を行った。

使用者・・・自動車を運転する人(車検証の「使用者」の人)が運輸支局などの検査コースに自分で車を持ち込んだ。(これがほんとのユーザー車検)

その他・・・上記以外の人が運輸支局などの検査コースに持ち込んだ。ユーザー車検代行業者など。※ユーザー車検代行業者のうち、国の認証を受けていない業者が自動車のブレーキなどを分解整備すると違法になります。なので、必要な点検整備をせず、検査を受けるだけの場合が多いです。

 

[検査時の点検整備実施状況]

点検整備記録簿記載あり・・・検査前に法定定期点検を実施し、検査受験時に点検整備記録簿の提示があった。(=点検整備をした車)

点検整備記録簿記載なし・・・検査前に法定定期点検を実施していない、または検査受験時に点検整備記録簿を提示しなかった。(=点検整備をしていない可能性あり

 

点検整備記録簿記載「なし」の場合は要注意。すみやかに定期点検を必ず受けましょう。

 

なお、記載内容の後日訂正はできません。車の再販価値に大きく影響しそうですね。

安全な運行のためにも、車検時には認証工場や民間車検場の整備付き車検をお選びください。