FAINESへのログイン

インターネットを活用した整備事業者の方々のための情報データベース FAINES(ファイネス)へのログインはこちらのバナーをクリックしてください。

ファイネス

 

FAINES(ファイネス)は有料のサービスで、ご利用いただくには事前の登録が必要です。ご利用申込書は当会窓口で配布しております。(お問合わせ先:事業・情報課 電話075-672-8655)

ご利用いただく際に必要なパソコン環境などについては「ご利用前の確認事項」をご確認ください。

FAINES(ファイネス)で閲覧できる情報の種類、車種等は「登録情報内容一覧」でご確認ください。

整備マニュアル情報の閲覧時の表示不具合については「よくある質問と回答(FAQ)」をご確認下さい。

 

 
FAINES関連のお知らせ

FAINESお知らせ

FAINES サービス一時停止のお知らせ

日整連のFAINES用サーバーの設置場所において電気設備の法定点検による停電があるため、下記の日時でFAINESがご利用できなくなります。

FAINES(ファイネス)停止日時
令和3年10月2日(土) 17:00 ~ 10月3日(日) 11:30(予定)
※停止、開始時刻は状況により前後する場合があります。

ご不便、ご迷惑をお掛けしますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

FAINESで整備マニュアルが閲覧できない場合は

「新しいPCに買い換えたら、FAINES(ファイネス)で整備マニュアルが見れなくなった・・・」

 
FAINESが新しいブラウザと相性が悪いため起こっています。
FAINESの整備マニュアル情報は、自動車メーカー各社から提供された修理書・整備書データをもとに設計当時のブラウザに対応するように作成されているため、最新のブラウザでは表示や動作の不具合が発生することがあります。
 
FAINESが推奨するブラウザ
どのブラウザ(インターネット閲覧ソフト)をお使いですか?

Edge(新)アイコン Edge(旧)アイコン Internet Explorer(IE)アイコン chromeアイコン

 
 左から新Microsoft Edge(エッジ)、旧Microsoft Edge、Internet Explorer11、クローム
 
Internet Explorer(IE)アイコン
 
 
FAINESの利用には、Internet Explorer(インターネット・エクスプローラー) バージョン11を推奨しています。
 
 
Microsoft Edge、Google Chrome、Firefoxでは整備マニュアル情報の一部ページの閲覧ができません。
iPadなどのタブレット端末での利用は動作未確認です。
 
 
 
  • Windows10をお使いの方は、Microsoft Edgeではなく、PCのスタートメニューから「すべてのアプリ」→「Windowsアクセサリ」にある Internet Explorer 11 を起動してご利用ください。(Edgeでは整備マニュアル情報がうまく表示できません。)
   > Windows10でInternet Explorerを起動する方法

 
PDFや画像閲覧などに必要なソフトウェアなどがあります。お使いのPCを確認し、適宜インストールしてください。  くわしくは・・・
   >【重要】 FAINESのご利用前に以下の事項についてご確認下さい(FAINESホームページ)
 
 
  • Windows7 はMicrosoftのサポート終了により、推奨環境から除外されました。
  • Windows8.1 をお使いの方は、Internet Explorer 11 をお使いください。11より古いバージョンをお使いの場合はアップグレードされることをお奨めします。
  • OSがWindows XP Service Pack 2 以前の場合、FAINESへのアクセスはできません。

FAINESの利用のための2つの設定
Windows10の場合は、標準搭載のEgdeではなく、Internet Explorer11でご利用ください。
Internet Explorer11では、次の2つの設定が必要です。設定すれば、整備マニュアル閲覧時のほとんどのトラブルを回避することができますので必ず設定するようにしましょう。


1 互換表示設定 
「互換表示設定」を行うことで、ページが進まない、入力できないなどの問題を回避することができます。

  1. FAINESのログイン画面を表示します。
FAINESログイン画面



メニューバーの「ツール(T)」、または 右上の歯車のマークをクリックします。

ツールをクリック


「互換表示設定(B)」をクリックします。(メニューバーの「ツール(T)」にもあります。)

互換表示設定


「追加するWebサイト(D)」欄に、「jaspa.or.jp」が記載されているのを確認して、「追加」をクリック。※ 記載されていなければ、下の「互換表示に追加したWebサイト(W)」欄に「jaspa.or.jp」が既に入っていると思われます。あれば削除し、再度追加してください。


「互換表示に追加したWebサイト(W)」欄に「jaspa.or.jp」が移動すれば設定完了です。「閉じる」をクリックします。

互換表示設定

  ★ 互換表示設定の例外

スズキの整備マニュアル情報において「互換表示」を有効にした状態だと左側フレームに
表示されるメニュー項目が一部展開できない場合があります。その場合は、上記に記載し
ている設定画面から「互換表示」を一旦無効にして頂くことで、現象を回避し正常に閲覧
することができます。

    >> スズキのメニュー項目の展開エラー(FAINESホームページ)



2 ポップアップブロックの設定
「ポップアップブロックの許可設定」を行うと、ページが開かない、などの問題が回避できます。

  1. 「ツール」から、「インターネットオプション」を開きます。
    ポップアップブロック

  2. 「プライバシー」タグの「ポップアップブロックを有効にする」にチェックが入っていることを確認し、「設定」をクリックします。




  3. 「許可するWebサイトのアドレス(W)」に「*.jaspa.or.jp」と入力し、「追加」をクリックします。




  4. 「許可されたサイト(S)」に「*.jaspa.or.jp」が移動すれば設定完了です。「閉じる」→「OK」で閉じます。


※Googleツールバーなどをインストールされている場合は、ツールバーのポップアップブロック設定も変更してください。

Windows10でInternet Explorerを起動する方法
画面左下の①をクリックし、「スタートメニュー」のプログラム一覧の「Windows アクセサリ」の中から②「Internet Explorer」をクリックして起動します。

Internet Explorerで開く


また、Internet Explorerを規定のブラウザにして、Edgeを起動しないようにすることもできます。普段よくお使いのウェブシステムなどでEdgeの利用が推奨されていない場合などに、この設定は便利です。

▼ 画面左下の①をクリックし、「スタートメニュー」の ②「設定」をクリックします。

Internet Explorerで開く


▼ 「設定」メニューの「アプリ」をクリックします。

Internet Explorerで開く


▼ ①「規定のアプリ」→ ② Webブラウザー「Microsoft Edge」をクリックします。

Internet Explorerで開く


▼ 「アプリを選ぶ」の中から、「Internet Explorer」をクリックします。

Internet Explorerで開く