せいびしんこうかい

 
車検証備考欄記載
車検をしたら新しい車検証をチェックしてみてください。
 
定期点検は法律で
義務付けられています!
点検整備済ステッカー
今月定期点検を行わなければならないのは、前面ガラスにこのステッカーが貼られているクルマです。
>詳しく見る
 
 
ホーム > 自動車の点検について 

自動車の点検について


自動車の点検をしましょう。

てんけんしましょう
道路運送車両法第47条で、自動車の使用者(自動車ユーザー)には自動車を保安基準に適合した状態に保つことが義務付けられています。自動車ユーザーは、自動車を日常的にチェックし、あるいは定期的に点検して必要に応じた整備を行い、自動車の安全の確保、公害の防止に努めなければなりません。

自動車の点検整備とは、自動車ユーザー(または自動車ユーザーが依頼した整備工場など)が必要な時に点検し、その結果に基づき必要な整備をすることをいいます。日常点検と定期点検があります。




日常点検
日常点検は、ユーザーが日頃自動車を使用していく中で、自分自身の責任において行う点検です。車両法第47条の2で定められているこの点検は、運転席に座ったり、エンジンルームをのぞいたり、自動車のまわりを回りながら自動車の状態を見て行います。
トラブルを未然に防ぐためにも、日常点検をしっかりやる習慣を身につけましょう。


マイカーハンドブック


マイカーハンドブック

日常点検の方法や知っておきたいクルマの点検・整備の
知識を豊富なイラストと写真でわかりやすく説明する、
自動車ユーザー必携のお役立ちマニュアルです。
左の画像クリックしてPDFをダウンロードできます。




てんけんくんのアドバイス
日常点検のポイントをてんけんくんがアドバイス。
キャンペーンもやってます。
(JAFMateさんのページです)


  【動 画】 日常点検を実施しよう




定期点検
定期点検は、自動車の故障を未然に防ぎ、その性能維持を図るために定期的に行う予防点検で、車両法第48条に定められています。
自家用乗用車の定期点検には、車検時の点検整備(2年点検)がよく知られていますが、車検の翌年に行う「1年定期点検」もあります。


車検と定期点検は目的が違います。
「車検」は検査する時点で国が定める安全上の基準に適合しているかをどうかを見るもので、次の車検までの安全性を保証するものではありません。車検に合格したからといって次の車検まで何もしないと、いつの間にか自動車が基準を満たさない危険な状態になってしまうことがあります。一方「定期点検」は、劣化や摩耗する自動車の部品をチェックして、故障が発生する前に整備する「予防整備」です。この違いをよく理解し、定期点検を確実に実施しましょう。


定期点検を受けよう
安心・安全なカーライフを送るために、定期点検の正しい知識を身につけましょう。
(JAFMateさんのページです)


  【動 画】 定期点検を実施しよう
 

定期点検を実施するメリット


定期点検を実施すると次のようなメリットがあります。
  • 思わぬトラブル防止
  • 燃費の改善
  • CO2排出量の削減など環境保護

日頃からきちんと整備されているクルマは、走行性能や安全が確保されるばかりではなく、本来の燃費性能や環境性能が維持され、セーフティードライブやエコドライブにつながります。

エンジンオイルは、劣化すると潤滑性能が落ちて燃費が悪くなります。エンジンオイルとオイルフィルタを新品に交換するとエンジン性能が回復し、燃費やCO2排出量の改善が期待できます。

エア・クリーナ・エレメントは、空気中の浮遊粒子を除去してきれいな空気をエンジンに供給する役目があり、掃除機のフィルターのように目詰まりすると吸い込みが悪くなります。新品に交換すると吸い込みがよくなってエンジン性能が回復し、燃費やCO2排出量の改善が期待できます。

また、タイヤの空気圧の低下は燃費の悪化を招きます。こまめに指定空気圧に調整することで燃費の改善が期待できます。

 

点検・整備を怠ると

自動車は公道を走るという性格から、走行中の故障が他の交通の妨げになることも少なくありません。それだけでなく、命にかかわる事故の原因になることもあります。また、エンジン不調時の排気ガスは、環境を汚染してしまいます。
多くの自動車ユーザーが点検整備の必要性を知りながら、毎日の忙しさや、今まで大丈夫だったからという理由で、愛車の維持管理をおろそかにする傾向がありますが、安全が最優先のクルマには、点検整備が不可欠なのです。


車両火災  乗員の命にかかわるリスク
燃料ホース亀裂

燃料ホースが劣化して亀裂が生じ、燃料漏れを引き起こすことがあります。この場合、漏れた燃料がエンジンなどの熱源により着火し、車両火災に至ることがあります。
また、エンジンオイルの交換を怠ると、オイルの劣化による潤滑不良でエンジンの破損を招き、最悪の場合火災が発生することがあります。






車輪脱輪  他人の命にかかわるリスク
脱輪

車輪と車体をつなぐ装置が破損し脱輪するなどして、ハンドル操作ができなくなることがあります。制御不能になった自動車は、歩行者などを危険にさらすことにもなります。









整備不良が原因の交通事故  他のクルマを巻き込むリスク 
ブレーキランプ切れ

ブレーキランプ切れが原因で後続車に追突される事故など、点検整備を怠ると他の車を巻き込んだ事故につながる場合があります。ブレーキランプ切れは点検をしないとなかなか気が付かない場合がありますので注意しましょう。
また、整備不良として、普通車の場合、7千円の罰金があります。






オーバーヒートによる路上故障 多大な出費のリスク
オーバーヒート

冷却不良を起こしエンジンがオーバーヒートしてしまった場合、交通渋滞の原因や、事故のきっかけになる場合があるのはもちろん、修理には多大な出費を要する場合があります。

 

フロントガラスのダイヤルステッカーをチェックしましょう

次の定期点検がいつかわかりますか?ダイヤルステッカーには、次回の定期点検整備の実施時期が外から見てもわかるように、実施する年月を表示しています。また、裏面には定期点検整備を実施した認証工場名や次回の定期点検整備の実施時期などが記載されています。

点検整備済ステッカー
このダイヤルステッカー(点検整備済ステッカー)は、認証工場で点検整備したクルマにだけ貼付されるため、このステッカーは、プロの整備士が点検整備した安全・安心の証とも言えます。

てんけんくん






  <↓ウラ>
ダイヤルステッカー説明


 

車検証の備考欄をチェックしましょう

車検を受けたら、新しい車検証をもらいます。その車検証の「備考欄」を一度確認してみてください。

車検証備考欄

こんな記載は要注意
 [受検種別] 持込検査車
 [検査時の点検整備実施状況] 点検整備記録簿記載なし
 [受検形態] その他

これは、運輸支局などの検査場に、自動車の使用者以外の者その他=ユーザー車検代行業者など)が車両を持込んで検査を受けた持込検査車が、車検時に実施するよう法で定められている定期点検の「点検整備記録簿」を提示しなかった点検整備記録簿記載なし)という意味です。

この記載になっている車両は、格安車検などを謳うユーザー車検代行業者が定期点検整備せずに車を預かってそのまま車検だけを受けたというケースが考えられます。


点検整備の確実な実施は、自動車の安全確保・環境保全を図る上で、検査制度と並んで最も重要かつ基本的なものであり、道路運送車両法において、定期点検整備の実施が自動車ユーザーに義務付けられています。 

平成7年に車検制度が改正され、自動車のユーザーが車両の保守管理責任をとることを前提に、車検を先に受け、後で点検整備する「前検査・後整備」ができるようになり、ユーザーが自ら車検を受けたり、ユーザー代行業者による検査受検のみの車検が増えました。
これにより車検の価格破壊が進むと同時に、法で実施が定められている定期点検整備を実施しない(前検査で合格した後、点検整備を実施しないまま次の車検まで使用し続ける)ユーザーが増えてしまいました。

ユーザーは価格の安さだけで車検を受ける業者を選びがちですが、実のところ車両の保守管理がなされず、突然の故障や事故を招く原因にもなります。

確実な定期点検整備の実施を推進するため、平成26年2月17日(軽自動車は平成27年1月)より、継続検査時に受検形態や点検整備の実施状況などを車検証の備考欄に記載するとともに、点検などの勧告をしやすくするよう勧告要件も見直し、点検整備の指導を一層厳格化されることになりました。

今後は、車検証備考欄には受検種別を「指定整備車」か「持込検査車」で区分したうえで、受検形態として「指定整備工場」「認証工場」「使用者」「その他」(使用者以外の者により受検が代行された場合)の4区分で記載。さらに、検査時の点検整備実施状況として点検整備記録簿の記載が「あり」「なし」が記入されます。

自動車検査証備考欄への記載内容一覧表
記載内容一覧
※ 限定保安基準適合証の提出があった場合、受験種別「指定整備車(限定保安基準適合証の提出)」のみ記載
※ 臨時検査の場合、受験種別「持込検査車」のみ記載


検査を受けた工場の種別や定期点検の実施・未実施がわかります。
例えば、認証整備工場が定期点検整備を実施して継続検査を受検した場合(前整備・後検査)には、

 [受検種別] 持込検査車
 [検査時の点検整備実施状況] 点検整備記録簿記載あり
 [受検形態] 認証整備工場

と記載されます。また、民間車検場(指定整備工場)に依頼した場合は、このように記載されます。

 [受検種別] 指定整備車
 [検査時の点検整備実施状況] 点検整備記録簿記載あり
 [受検形態] 指定整備工場

法定定期点検を確実に実施した証明として、「点検整備記録簿記載あり」になっていることが重要です。

ユーザー車検代行業者が定期点検整備を実施せず、継続検査を受検した場合(前検査・後整備)には、

 [受検種別] 持込検査車
 [検査時の点検整備実施状況] 点検整備記録簿記載なし
 [受検形態] その他

と記載されます。


平成26年2月17日(軽自動車は平成27年1月)以降に車検(継続検査)を受けた車の車検証に記載されています。
なお、記載内容の後日訂正はできません。車の再販価値に大きく影響しそうですね。

安全な運行のためにも、車検時には認証工場や民間車検場の整備付き車検をお選びください。
 
京整振会員ログイン
 
京整振ハッピーくらぶ
 
整備士求人
絵文字:NEW 新着情報あり!
 
京都・あなたの町の整備工場検索

京都・希望番号ナンバープレート申込
 
継続検査OSS入口
 
自動車リコール情報
放置違反金滞納車情報照会システム
経営自己診断システム
リサイクルセンター
 
安心安全、快適なカーライフを
サポートするアプリ誕生!

てんけんくんのCarログ
てんけんくんのCarログ

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
 このウェブサイトは、クリエイティブ・コモンズ 表示-改変禁止 4.0 国際ライセンス のもとに公開しています(一部のコンテンツを除く)