2021年10月の記事一覧

(受付終了)令和3年度スキャンツール購入費補助金 公募開始

申請の概算合計額が予算額を超過する見込みとなったため、令和3年度のスキャンツール購入費補助金は10月4日をもって終了しました。

 

国土交通省ウェブサイト
報道発表資料 スキャンツールの導入補助を開始

 

補助率は1/3、上限額は1事業場あたり15万円
(一定の要件を満たすスキャンツールの導入に限る)

 

公募期間
令和3年10月4日(月) ~ 11月31日(金)(終了しました)
★交付決定前に購入した機器は補助の対象外です!
※補助申請の合計額が予算額に達した場合は、公募期間内であっても公募は終了いたします。
 また、公募期間内であっても交付決定を先着順により順次実施します。

 

対象となる機器及び公募要領等詳細につきましては、補助事業の申請等の事務を行うパシフィックコンサルタンツ株式会社のウェブサイトでご確認下さい。

 

パシフィックコンサルタント株式会社ウェブサイト
令和3年度AI・IoT等を活用した更なる輸送効率化推進事業費補助金
ビッグデータを活用した効率的かつ適切な自動車整備による使用過程車の省エネ性能維持推進事業(スキャンツールを活用した省エネ推進事業)

(復旧)国土交通省のシステムに障害発生

10月1日朝から国土交通省の自動車登録検査業務電子情報処理システム(MOTAS)に不具合が発生しており、運輸支局等での受付審査、検査登録審査等にかかわる処理が進まない事象が発生しています。

復旧の見込みは立っていないとのことです。情報が入り次第、お伝えいたします。

なお、軽自動車は平常通りです。

 

11:30追記

10時50分頃に当該システム(MOTAS)が復旧し、窓口業務は再開されました。
OSS申請業務(電子保適による窓口申請含む)については、引き続き障害が継続しており、現状は復旧の目処が立っていない状況となっております。

 

 15:30追記

OSS申請業務についても復旧しました。

「大型車の車輪脱落事故防止キャンペーン」実施ついて

平成29年度に設置された「大型車の車輪脱輪事故防止に係る連絡会」における車輪脱落事故防止対策として、大型車の車輪脱落防止「令和3年度緊急対策」が取りまとめられました。この緊急対策の確実な実施を図るため「大型車の車輪脱落事故防止キャンペーン」が行われます。

実施期間

令和3年10月1日 ~ 令和4年2月28日

主な実施項目

  • 各地方運輸局が行う街頭検査における大型車のホイール・ナットの緩みの確認
  • 運送事業者、タイヤ販売業者、自動車整備事業者等の関係者に向けて啓発チラシを活用し確実な作業実施を依頼
  • 自動車運送事業者による「大型車のホイール・ナットの緩みの総点検」を実施
  • ホイール・ナットへのマーキング等の活用を推進し日常点検において、ホイール・ナットの緩みの点検を重点的に実施するよう啓発

令和2年度の大型車※の車輪脱落事故の発生状況
※大型車とは、車両総重量8トン以上のトラック又は乗車定員30人以上のバス

  • 発生件数は131件(対前年度比19件増加)
  • 冬期(11月~2月)に多く発生
  • 特に東北地域で多く発生
  • 車輪脱着作業後1ヶ月以内に多く発生
  • 車輪脱落箇所は左後輪に集中

詳しくは
国土交通省ウェブページ 報道発表資料
冬用タイヤ交換時には確実な作業の実施をお願いします!
~ 大型車の冬用タイヤ交換時期に向けて、車輪脱落事故防止対策を強化します~